読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズパゲッティ作家さんたちの細編みは一味違う!?

先日コンビニに行った際、出口のところでズパゲッティのクラッチバックが目に飛び込んで来ました。

足を止めると、出口脇の雑誌コーナーにあった『Mart 2月号』の表紙にズパゲッティのクラッチバックが載っていたんです。3ページに渡ってズパゲッティの特集が組まれていました。

記事ではズパゲッティが「湘南ママの間でトレンド」とのことで、ズパゲッティのバックを持ってポージングをキメる「湘南ママ」とフリンジバッグの作り方写真が掲載されていました。

その写真を見て私が「やっぱり、これも!」と思ったことを、今回は取り上げます。

《目次》

  1. ズパゲッティ作家さんたちの細編みは一味違う⁉︎
  2. 糸のかけ方がポイントだった
  3. 他にもあります。細編みのバリエーション
  4. 作家編みで小物入れを編んでみた

私がズパゲッティを知ったのは最近のことですが、それ以来instagramやPinterestで色々な作品を見てきました。

写真を見ていつも感じていたのが、「普通の細編みじゃないな」ってことでした。雑誌の掲載作品も然り。

細編みなのだろうけれど、一般的な、いわゆる「基本の編み方」という類の教本で紹介されている編み目と見た目が違うのです。

一般的な細編みは編み目が「葉っぱが二つ並んだ形」とでもいうのか、下の写真のようにaとbが横並びになったような形状です。

f:id:hori3:20170110204028j:plain

一方、作家さんたちの編み方は次の写真の通り、aがbに被さるようになっていたんです。

f:id:hori3:20170110204030j:plain

教本の通りに編むとこうした形状にはなりません。

多くの作家さんが取り入れている編み方なので、私が知らないだけでこれは一般的な編み方なのかなぁ、と調べてみました。

「調べて」って、検索しただけなんですが、捻れた形状なので「ねじり細編み」と「ひねり細編み」を真っ先に。

結果は「ねじり細編み」は別の編み方でヒットし、「ひねり細編み」はヒットせず。

次に英語で「twist」「single crocet stitch」(←細編みの英訳)で検索しましたが、こちらもヒットせず。

これだけポピュラーなのに検索にかからないの?とモヤモヤ感が募ります。 皆さん、どうやって本にも載っていないし検索にもかからない編み方を知ったんでしょうか?私の検索能力が低いだけ?

と、ボヤいたところで早々に検索は諦めました。

でも、編むのは諦めていませんよ。見ていて編み方はだいたい見当がつくのでまあいいか、と見切ったまでのことです。(すでに上の見本写真で編んでますね)

この作家さんたちの編み方、検索で名称を突き止められなかったので、ここでは仮に「作家編み」としておきます。どなたか、正式名称をご存知だったら教えて欲しいです。(と言っても、私のブログは読者数が少ないので難しいかなぁ...)

で、作家編みの特徴は「捻れたな形状」なので、教本の編み方にねじりを加えて編めばいいのではないかと推察しました。

というわけで、教本の編み方では前段の上部の鎖の部分に針を入れ糸をかける際、下から針を入れて上に回すようにして糸をかけるところを逆向きに変えました。

f:id:hori3:20170110204025j:plain

f:id:hori3:20170110204024j:plain

f:id:hori3:20170110204201j:plain

f:id:hori3:20170110204159j:plain 上から針を当て下に回して糸をかけて、鎖の部分を通します。続きは教本の編み方と同じです。これで作家編みになりました。

f:id:hori3:20170110204158j:plain 上の写真は右の3目が作家編み、左の3目が教本の編み方です。違いがわかりますか?

作家編みの利点は教本の編み方と比べると目がきつく締まること。ひねりが加わっているせいですね。前段の鎖の部分も隙間が小さくなります。つまり伸びにくくバッグを編むのには適していると思います。

その他にも、よく見かける気になる編み方があります。

こちら、写真ではわかりにくいでしょうか。棒針編みの表編み(メリヤス編み)に似た形の編み目です。

f:id:hori3:20170110204027j:plain

これは検索であっさり見つかりました。「split single crochet」和名は不明(※)です。通常の細編みでは写真のaの部分に針を入れて糸を引き出すところを、bの部分に針を入れて細編みします。

前段の細編みを割るように編むのでsplit single crochetというんですね。

特徴は厚みが出て、1段の高さは縮むこと。前段の目に針を入れて包むように編むせいです。

そして見た目はメリヤス編みに似ています。じゃあ、メリヤス編みすればいいじゃない?と言いたいところですが、メリヤス編みは伸びやすい編み地になります。

そこが決定的な違いです。ですので、メリヤス編みのような見た目でしっかりした編み地を作りたいときにはこの編み方が適しています。この編み方でバッグを編んでいる人が多いのも納得ですね。

(※2017-1-19追記:「split single crochet」は日本語では「メリヤス編み」と呼ばれているようです。instagramで複数の方が書かれていました)

さて、気になる編み方がわかったところで、何か編んでみたくなりました。 今すぐ使える物、ということで小物入れを編みました。一つは台所の棚に吊るしてレジ袋入れにします。 f:id:hori3:20170111211012j:plain

もう一つはテーブルの上の細々したもの入れます。ひとまず、かぎ針、とじ針、はさみ、メジャー、リップクリーム、ハンドクリームを入れました。いつも置き場が定まらない腕時計も。いい感じです。 f:id:hori3:20170107090418j:plain

次は何を編もうかなぁ。他にも気になる編み方を試しながら色々と編んでみたいです。