読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコアンダリアが編みたくなる季節

f:id:hori3:20170423120125j:plain

新緑の季節を迎えると、いつもは棒針で編んでいる人も、かぎ針編みをしたいなぁと思ったりしませんか?

私は春夏になると綿や麻の糸などで小物を編む機会がぐんと増えます。

手芸店を覗いても綿や麻などの糸がメインになりますね。いくつものメーカーから新作糸が売り出されているのも、編物ごころをそそります。

そんな中、どこのお店にも置いてあると言っても過言ではないのが老舗メーカー「ハマナカ」の「エコアンダリア」。綿でも麻でもありませんがロングセラーの春夏糸です。

今回は「ハマナカ」の「エコアンダリア」について少し書きたいと思います。

《目次》

  1. 「エコアンダリア」ってどんな糸?
  2. 「エコアンダリア」で何を編む? 関連書籍もたくさん
  3. 私も編んでみました

エコアンダリアとは...

「ハマナカで1959年より販売しているビスコースレーヨン100%のロングセラー商品です。糸の形状は『薄くて軽いテープヤーン』、風合いは『ラフィア風サラサラ手触り』で、夏の手芸手編み糸の代名詞としてお楽しみいただいております。
(ハマナカ ウェブサイトより)
参考:http://hamanaka.jp/topics/ecoandaria

60年近くに渡るロングセラーとはすごいです。ちょっと驚いてしまいました。

糸の特徴は上にもあるように、軽くてサラサラというのに加えて色が豊富ということでしょう。

ソリッドカラーが54色、かすり染が12色もあります。また、かすかに光沢があるのですが、中には強い光沢のものも。

ベージュでナチュラルなラフィア風のものも編めれば、ネオンカラーでポップなものも編めてバリエーションに富んだ作品づくりができます。

エコアンダリア関連の書籍は毎年発売されているのではないでしょうか?バッグと帽子の編み方を掲載した本が多いですね。

あくまでも私見ですが、昔はいかにも手作り風というか少し垢抜けない印象のものが多かった感じがしましたが、最近はかなり洗練されたデザインの編み方本が増えたように思います。

セレクトショップに売っているようなバッグや帽子が編めるんです。

私が素敵だなぁと思ったのは、次の2冊。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

実際に編んで使ってみたいと思える作品がいくつもあります。おすすめなので、皆さんも機会があれば手にとってみてくださいね。

何年も前にバッグを編もうと思って買った糸が押し入れに眠っていました。(その時はデザインを考えて糸を買ったところで電池切れ...)

本番の作品を編む前に、糸の特徴を掴むための試作です。実はエコアンダリアで編んだことがなかったんです。

試作なので、小さなショルダーにしてみました。

f:id:hori3:20170427153746j:plain

う〜ん...。色が悪かったかなぁ。オーソドックスな形にしたのですが、なんだか垢抜けないですね。本番を編むなら本のデザイン通りにしたほうがいいかもしれません。私の場合は、ですが。

編んだ感想は、糸の撚りが一定ではないので、編み目をきれいに揃えるのは難しい(私には無理)ということが一つ。それ以外は特に編みやすくも編みづらくもありませんでした。

編み目のアップです。

f:id:hori3:20170427154402j:plain

目が揃いませんでした。

あとは糸割れに注意するということ。糸割れを起こしやすいわけではありませんので、慣れない方は気をつけた方がいいかなという程度です。

で、私が編んだバッグはちょっと持って出かけられるレベルではなかったのでカゴに作り直しました。

f:id:hori3:20170508122843j:plain

編み途中の糸を入れるのに重宝しています。

では、また。